スマートフォン用の表示で見る
PH-26P ( トラスコ中山(株):39ショップ ) 【条件付送料無料】 【搬送機器】 トキワONLINE その他 ( 【運搬台車】 ) 【鋼鉄製運搬車】 TRUSCO 鋼鉄製運搬車 900X600 観音扉付 プレス車輪 PH26P

TRUSCO 鋼鉄製運搬車 900X600 観音扉付 プレス車輪 PH-26P ( PH26P ) トラスコ中山(株)



お届け先名は法人名にて ※仕様確認の上、ご注文ください 【代引き、時間指定、離島不可】 北海道·沖縄·離島は配送不可

TRUSCO鋼鉄製運搬車900X600観音扉付プレス車輪PH-26P(PH26P)トラスコ中山(株)
TRUSCO鋼鉄製運搬車900X600観音扉付プレス車輪PH-26P(PH26P)トラスコ中山(株)
特長:

バラ物の運搬?鉄くずなどの保管?運搬に最適です。
キャスターの4角前後コーナーにはクッションゴムがあり安全です。
サイドにトビラがあり廃棄物などの排出が容易です。
重量運搬時は自在キャスター側ハンドルを使うことで操作性が向上します。
両袖ハンドルのため扉の開閉方向を進行方向に向かって左右どちらも運用可能です
 ●代表画像について
商品によっては、代表画像を使用している場合がございます。
商品のカラー、サイズなどが異なる商品をイメージ画像として
使用させて頂いている場合がございます。
必ず、商品の品番と仕様をご確認のうえ、ご注文お願いいたいます。
 ●代金引換でのお支払いについて
発送する商品の総重量が20kgを超えてしまったり、
商品の大きさが当店から発送できる規定サイズを超えてしまう場合
メーカー直送での対応となりますので、 代金引換がご利用頂けない場合がございます。
該当する場合、当店から別途メールにてご連絡させて頂いております。
 ●お買上げ明細書の廃止について
当店では、個人情報保護と環境保護の観点から同封を廃止しております。
お買上げ明細書が必要な場合は、備考欄に「お買上げ明細必要」と
記載お願いいたします。
当店からの出荷の場合は、同封にて発送させて頂きます。
(※メーカー直送の場合は、PDFデータをメールさせて頂きます。)
yu nkt’s diary I'm an enterprise software and system architecture. This site dedicates sharing knowledge and know-how about system architecture with me and readers.
PH-26P ( トラスコ中山(株):39ショップ ) 【条件付送料無料】 【搬送機器】 トキワONLINE その他 ( 【運搬台車】 ) 【鋼鉄製運搬車】 TRUSCO 鋼鉄製運搬車 900X600 観音扉付 プレス車輪 PH26P イベントドリブンなマイクロサービスアーキテクチャ
背景

会社で、Kafkaを組み込んだシステムをSpringで開発中です。また、自宅でも、マルチ言語のプログラムを開発中で( Java Python )、これら二つとも、Spring Cloud Streamが利用出来るのではないか、ということに気づき、調べて使ってみました。

そこで、Spring Cloud Streamについて説明しようと思っていました。が、補足として、その前提知識であるイベント駆動で連携するマイクロサービスについて書き出したら、結構な量になったため、本日はこれで1エントリとします。

イベント駆動で連携するマイクロサービス

マイクロサービス アーキテクチャ では、大規模なシステムの場合、各マイクロサービスの処理を連携させることがあります。その際のマイクロサービス間の連携の実現方法には、様々な方法があります。一般的なのが、メッセージング基盤を用いたイベントやメッセージによる連携です。

マイクロサービスが他のマイクロサービスから完全に独立するためには、マイクロサービス間での処理のコールなどを明示的にコード内に埋め込むのは望ましくありません。その代わりに、マイクロサービスは、自身が処理をし終えた時や、エラー発生時、その他、何らかのタイミングで イベント を作成します。このイベントというのは、あくまで、マイクロサービスが他のマイクロサービスを意識せずに、自身の内部の処理または状態に応じて作成するものです。これにより、あるマイクロサービスが別のマイクロサービスを意識せずに開発を進められるようになります。なお、具体的な連携方法は、後で述べます。

原則として、イベントの発生元(のオブジェクト)は1つです。全く同じイベントが複数の異なる発生元から出るように設計してしまっては、イベントを契機に何か処理を行う別のマイクロサービスは、そのイベント信用できなくなります。また、もし複数のマイクロサービスが同じイベントを出す、という取り決めを作ってしまったら、それこそ依存関係になってしまいます。

イベントストア

マイクロサービスの間には、イベントをストアする イベントストア を用意します。通常は、Kafkaのような、高 スループット が出せるメッセージングキューか、イベントストア専用のDBであるEventStoreやAxonDBを利用します。

EventStore

eventstore.org

AxonDB

https://axoniq.io/product-overview/axondb

これらのようなイベントストアに特化したDBでは、以下の特性を持ちます。

    TRUSCO 鋼鉄製運搬車 900X600 観音扉付 プレス車輪,PH-26P,(,PH26P,),トラスコ中山(株)花·ガーデン·DIY,DIY·工具,その他
  • 書き換え不可能(イベントとは過去に発生した履歴であるためImmutable(append-onlyとも言う))
  • イベントを、イベントに対する補足情報と共に記録出来る
  • 水平方向の高いスケーラビリティ
イベントによる連携のさせ方

マイクロサービス間の処理の連携方法には、恐らく2通りあります。

連携方法の一つは、マイクロサービスが、他のマイクロサービスが生成したイベントをsubscribeし、イベントに応じて処理をする、という方式です。これは、マイクロサービスの入力(Controller部分)がイベントになるので、イベントとマイクロサービスの間での依存性が高くならないように、注意してイベントの設計をしておく必要があります。詳しくは、以下の マイクロソフト の技術 ガイドライン をご覧ください。

docs.microsoft.com

とは言っても、片方がどうしても機能の拡張や縮小によってイベントを修正したい場合もあるでしょう。その際に参考になるのが、 ドメイン 駆動設計で語られる 腐敗防止層 です。腐敗防止層とは、 ドメイン 駆動設計における境界づけられたコンテキスト間でイベントを変換する層です。この層を、マイクロサービスの間にも設置し、しっかり管理することで、それぞれのマイクロサービスが個別に改変出来ます。

もう一つの連携方法は、マイクロサービスの間にプロセスマネージャーなるものを設置することです。プロセスマネージャーは、どのイベントが発生したらどのマイクロサービスに新たなリク エス トを送るかといったルールを実行したり、ステートフルに トランザクション などを管理します。これは、比較的見通しが良い アーキテクチャ だと思います。このプロセスマネージャーが、腐敗防止層の役目も果たせば良いでしょう。

しかし、このプロセスマネージャーは少なからず、 ドメイン ロジックを含んでしまうでしょう。だとすると、このプロセスマネージャーは、 ドメイン 駆動設計(DDD)でいうと、どのBounded Contextに含まれうるものなのでしょうか? ユビキタス 言語として登場しうるものなのでしょうか?などなど、疑問が残ります。また、誰が(どのチームが)このプロセスマネージャーを開発・保守するのかを考えると、 浮いた存在 と言わざるを得ません。さらに、プロセスマネージャーの要件を突き詰めたら、結局 SOA (Service-Oriented Architecture)のESB (Enterprise Service Bus)のよ うな重 厚長大なものになりかねません。

SOA のESBによる アーキテクチャ と、マイクロサービス アーキテクチャ の概念的な違いは、以下の Redhat の記事をご参照ください。

jp-redhat.com

非同期による結果整合性

あと、他にここで説明しておくべきは、イベント駆動型で連携するシステムは、基本的には、個々のマイクロサービスが非同期的に処理される事を意味します。もちろん、コールバックを受けて同期的に処理をさせる場合もありますが、往々にしてイベント駆動なシステムは、非同期処理です。

そのため、システムが扱う(ReadしたりWriteする)データは、基本的にその整合性が、 結果整合性 になります。結果整合性については、以下の Yahoo! のテックブログの記事をご覧ください。

techblog.yahoo.co.jp

これはつまり、例えば銀行の預金の取り扱いなど、一時でも整合性が崩れてはいけないシステムでは、かなり難しい問題に直面してしまいます。

まとめ

マイクロサービスを ドメイン 駆動設計における境界づけられたコンテキストに対応して考えるのであれば、 ドメイン 駆動設計のコンテキストマップで調べると、より多くの示唆が得られる事でしょう。

マイクロサービス アーキテクチャ は、各 ドメイン ごとに、開発者がその ドメイン に集中して(安心して)、開発を進められるようにする、という 方針 だと自分は思っています。そのための手段として、イベントで連携するスタイルが注目されています。ただ、あくまで手段の一つなので、目の当たりにしている案件に応じて、このスタイルを取るのか、別の連携方法を用いるか、冷静に考えなければなりません。

マイクロサービス アーキテクチャ は、「こういう設計をするもの」という手法などではなく、 あくまで方針 だと自分は思っています。(ちなみに、マイクロサービス アーキテクチャ に対して SOA は、方式かな、と思っています。)

その他-DIY·工具-
http://zahirbatin.com.my/product/detail/id_97262958bae-mc_41174I-zd1nobbpeIk.fluidize
http://zahirbatin.com.my/product/detail/id_68410158ffe-mc_59642Z-zq8d0u8f5k.attrit
http://zahirbatin.com.my/product/detail/id_78659615ebe-mc_69478V-z418g4ek.wristband
http://zahirbatin.com.my/product/detail/id_40781628ffe-mc_30635U-zlfdldk.europeanise
http://zahirbatin.com.my/product/detail/id_63904808ece-mc_78684R-ztppulcqSm7Wcjk.everard
スターをつけました

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる